ツイートする
《2012年1月1日からの閲覧回数》
アクセスカウンター

トップページ
今田真人の部屋


経済ジャーナリスト・今田真人(いまだ・まさと)
 ようこそ、今田真人のホームページに。
 ここでは、私がフリーの記者として、取材・執筆した記事・リポート・論評などを紹介します。
(下線のある文や言葉をクリックすると、該当のページにリンクします)

 
    【自己紹介】
     ①プロフィール
     ②取材・執筆上のポリシー
     ③連絡先


【主な特集ページの目次】
「戦争法案を考えるページ」
「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」
資料・情報提供のページ「参院選での共同を訴える山本太郎さんの問題提起をどう考えるか」
「脱・原発を考えるページ」
「円高と円安の経済学のページ」
「制服向上委員会3・11コンサートのページ」
「憲法フォーラムのページ」
神戸護憲集会問題ファイル
バウラックセミナーでの筆者の報告(要点)
この間の記事の一覧(2013年12月まで)
主張・論評の過去一覧
参考記事一覧
私が撮影した動画の一覧
私が撮影した写真の特集一覧
過去のお知らせ一覧
過去の私のツイートの検索
(画面内の「Search」で関連ツイートを簡単に検索できます)
私のツイートへのアクセス
私が撮影したユーチューブの動画一覧
日本共産党第27回大会への提言
内容更新制服向上委員会のこの間の活動


制服向上委員会のメンバー=2012年7月16日の「さようなら原発10万人集会」の会場
《制服向上委員会オフィシャルサイト》



〈掲示板〉



☆2016年11月19日、東京都内で初めて、韓国映画「鬼郷」を観た。日本軍「慰安婦」制度の実態を被害者の目線から描いた秀逸な韓流映画。日本では配給拒否に会い、映画館では上映されていないが、市民団体による自主上映会が始まっている。加害国、日本の映画館や新聞、テレビが取り上げないこの映画だからこそ、本当の加害の真実が宿っている。
〈参照〉「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」



(写真えとき)「鬼郷」の主演女優、カン・ハナちゃん



〈最近の「慰安婦」問題関連の一連のツイートから〉
新規掲載韓国SBSテレビが示した吉田証言の真実(2017年3月9日~14日)
☆「慰安婦募集業者」は軍の偽装請負(2017年1月16日~17日)
☆被害証言でも裏付けられる吉田証言(2016年12月23日~26日)
☆歴史修正主義者の代表的詭弁(2016年12月16日~22日)
☆奥野誠亮氏の死去について(2016年11月18日~12月15日)
☆戦時動員職種に未成年朝鮮人女性の「接客業」(2016年11月12日~16日)

☆共著『「慰安婦」問題の現在』(三一書房)の見どころ(2016年11月1日~3日)



☆盛会だった共著『「慰安婦」問題の現在』(三一書房)の出版記念集会。向かって左から徐京植、私(今田真人)、鈴木裕子、前田朗の各氏。2016年6月18日、全水道会館。ありがとうございました。
*同集会での各氏の報告の動画は、以下の三一書房のフェイスブックで公開しています。
facebook.com/31shobo/
*会場で配布した私のレジュメは、このページに全文を掲載しました。



〈参照〉「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」



《お知らせ》
☆私を含む共著『「慰安婦」問題の現在――「朴裕河現象」と知識人』(税込1944円、三一書房)が2016年4月15日、発売!
 ~拙稿「『吉田証言』は本当だった――公文書の発見と目撃証人の登場」には、「慰安婦」強制連行を示す公文書10枚の写真復刻を掲載!




〈アマゾンからの購入はこちら〉
〈参照〉「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」



《お知らせ》
〝戦後70年、侵略戦争と植民地支配の反省を、心に刻む一助に″




☆新著『緊急出版・吉田証言は生きている――慰安婦狩りを命がけで告発!初公開の赤旗インタビュー』(共栄書房、1700円+税)を2015年4月10日発売。元赤旗記者としての渾身の著作です。購読お願い。
共栄書房の紹介ページ
参照〉「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」




 ☆『エルネオス』の記事がおもしろい!
 ◎定期購読の月刊誌『エルネオス』(発行部数2万3千部)の注目記事を紹介。
 〈参照〉『エルネオス』のホームページ



☆2014年1月13日の聴濤弘(元日本共産党参院議員)講演会のビデオ
 ☆パート1
 ☆パート2
 ☆パート3
 ☆パート4
 ※詳しい関連資料は「神戸護憲集会問題ファイル」へ。



☆「食べもの通信」にリポート記事を掲載!
 月刊誌『食べもの通信』2014年1月号に、私の記事「緊急リポート・急増する『中国産骨なし魚』――日本の魚介類の価格低迷の原因に」が掲載されました。中国工場での骨なし魚の加工の実態などを取材したものです。定期購読誌ですが、一部店頭にも置いてあります。また、書店での注文販売もしています。ぜひ、ご覧ください。
 〈参照〉『食べもの通信』のホームページ



☆「週刊金曜日」にリポート記事を掲載!
 「週刊金曜日」(発行部数約3万部)の2013年8月9・16日合併号に私のリポート記事「TPPで水産業を壊滅させていいのか――イカ釣り漁の現場から見える『絶望の未来』」が掲載されました。定期購読誌ですが、一部の本屋さんにも置いてあります。ぜひ、ご購読をお願いします。
 〈参照〉週刊金曜日のオフィシャル・サイト



☆社会新報にリポート記事を掲載!
 社会民主党機関紙「社会新報」(発行部数約15万部)の2013年7月3日号に私のリポート記事「イカ釣りの悲鳴 聞こえますかーー燃料高騰でも単価上がらず」が掲載されました。関心のある方はぜひ、お読みください。公立図書館などにも置いてあります。
 〈参照〉社民党オフィシャル・ウェブ・サイト



☆R25の記事にコメント掲載!
 フリーマガジンの「リクルートR25」(無料配布の雑誌、配布部数60万部、月2回刊)2013年3月21日号の記事「アベノミクスで『安キャバ』崩壊?」に、私のコメントが掲載されました。
 関心のある方は、首都圏のJRなどの駅頭の専用ラックで無料で入手するか、R25の電子版の記事(ここをクリックして)を閲覧ください。



☆新著を発行しました!
 『円高と円安の経済学 産業空洞化の隠された原因に迫る』(今田真人著、かもがわ出版、定価1800円+消費税=1944円、2012年2月25日・第1刷発行)
 かもがわ出版の紹介ページへのリンクはこちら



〈参照〉「円高と円安の経済学のページ」



☆リポート「『骨なし魚』の原産地を訪ねて――中国・青島探訪記」(2013年11月14日初稿)
 連載①3泊4日の旅の動機
 連載②不安いっぱいの旅
 連載③経済技術開発区に出発
 連載④骨なし魚工場に到着
 連載⑤中国と日本の賃金格差







☆リポート「イカ漁いっせい休業と『イカ調整品』の輸入増加」(2013年5月13日初稿)
 連載①国内漁獲量が3分の1に
 連載②「がんばっていて赤字というのはつらい」と漁師
 連載③卸売価格が暴落
 連載④輸入割当の効果と限界
 連載⑤「〇〇うどん」の「イカ天」






☆2012年2月4日~7日の福島県の取材リポート


  

 





☆2011年10月8日~10日の宮城県石巻市の支援ボランティアに参加して




☆2012年2月11日の「さようなら原発」代々木公園集会の記事と写真
 
「さようなら原発」代々木公園集会で発言するタレントの藤波心さん(藤波心さんのオフシャルブログは http://ameblo.jp/cocoro2008/ )




☆将棋サロン荻窪が2011年11月に新装オープン(旧・将棋サロン吉祥寺)

 



☆私がおすすめする動画(You Tube)
〈注〉以下のビデオは、2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発事故の発生より前にユー・チューブにアップされていた。もっと多くの日本人が、彼女の美しい歌声と悲しいメッセージに気づいていたら…。
①チェルノブイリの原発事故を体験した女性歌手ナターシャ・グジーが歌う「いつも何度でも」(「千と千尋」の主題曲)
②ウクライナ美女が 千と千尋~ 主題歌を熱唱



アジサイの花=2011年6月、自宅近くの大通り。長年勤めた職場を退職した当時に撮影